渋谷の日本酒ダイニング「sakeba」で味わう至福のひととき

LINEで送る
Pocket

3月1日金曜日、渋谷駅新南口から程近い場所にオープンした、日本酒ダイニング「sakeba」。
隠れ家のようなこぢんまりとした雰囲気が、ついふらりと立ち寄りたくなる居心地の良さを作り出している。

豊富な種類の日本酒が揃い、さらにそれに良く合った料理たち。お酒も料理も、思わず「おいしい」と声を漏らしてしまうようなものばかりだが、その価格設定はほとんどが財布に優しい。他の店で飲んだあとにでも、最後はsakebaでしめようか。なんて思ってしまうほど、店の雰囲気もお酒も料理も、ちょうど良い。

なんて書き出しをしましたが、いやあ本当に、sakebaは良いお店です!まだ二度しか行っていませんが。しかも初回で飲み過ぎて記憶を飛ばしました。日本酒を飲むときはお水もたっぷり飲みましょう!これ絶対。

というわけで、初回で勿体無いことをしてしまい、料理も気になっていたので、先日あらためて行ってきました!

いただいたお酒は、スパークリング日本酒の「澪」と、「ひめぜん Ume」。「澪」はカクテルのような甘さがありながらも、決してしつこくなく、口当たりが良い。風味はまるでスパークリングワイン。しかしながらしっかりと日本酒で、きっと日本酒に抵抗がある方でも楽しめるお酒。「ひめぜん Ume」は、調べたところどうやらリキュールのようですね。一ノ蔵ひめぜんに、梅酒を加えたものだそう。味は完全に梅酒です。どちらも女性に人気がありそうな、おしゃれなお酒。

さて、気になっていた料理ですが、いただいたのは、スモーク帆立のオイル漬け(写真左)と、うにクリームチーズリゾット(写真右)。

元々このリゾットが気になっていたのですが、まずは何か軽くつまめるものをと頼んだ帆立に驚き。味がとてもしっかりしていて、噛むたびに薫製の香りと帆立の旨味が口の中に広がり、しっかりとオイルに漬け込まれた食感が、たまらない!ひとつ口に入れるたび、至福のときが訪れます。

そしてリゾット。これもまた最高です!チーズがしっかりしているので、がっつり食べたい人にもおすすめ。大粒のうにが乗っていますが、決してそれがくどくない。うにの風味を楽しみながら、濃厚なチーズの味と食感を楽しめる、至高の一品です。

この二品を食べて思ったこと。普段口にするつまみは一瞬の満足感が薄いけれど、sakebaのつまみ、というか料理は、口に入れたときの満足感が違います。だからなかなか量が減らない。最後の最後までしっかりその一品を楽しむことができるので、軽く数品頼んだだけで、じっくりとお酒も楽しむことができるのです。

うっかり店内の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、もうとにかく、場所、雰囲気、お酒に料理、どれもが素晴らしい。ひとりでふらりと寄るもよし、誰かを誘って行くもよし。つい人に勧めたくなる。でも本音は、あまり有名になってほしくない…居心地の良い場所。そんなsakebaに、今後も期待大です!

そんなsakebaの詳細はこちら

LINEで送る
Pocket