サロン・デュ・ショコラで目当てのチョコを買うコツ

LINEで送る
Pocket

1年に一度のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」。2017年の混雑具合が “チョコ界のコミケ” なんて呼ばれるほど例年に比べて異常ということで、目当てのものを確実に買って楽しむためのコツをまとめておこうと思います。

先に言っておくと、特に目当てのものはなく、雰囲気を楽しみたいということであれば夕方以降に行くのがオススメです。1時間かからずに入れる可能性が高いです。

 

1. 買うものは事前に決めておく

何も事前情報がない状態で入場し「何を買おうかな……」と迷っている時間はありません(人気店に興味がなければ大丈夫ですが)。

公式カタログは三越伊勢丹や会場でも300円くらいで売ってますし、値が張ってもよければ本屋さんでムック本が売られています。もしくは公式サイトでデジタル版カタログを見ることもできます。

必ずこれらを使ってあらかじめ購入したいものを決めておきましょう。金額も書いてあるので、そこで予算もある程度決まります。

ちなみにサロン・デュ・ショコラで販売されているチョコレートは1箱2,000〜10,000円くらいが相場です。

 

2. ここでしか買えないショコラだけを買う

サロン・デュ・ショコラで販売されているチョコレートは、実はほかの百貨店の催事で売られていたり、この時期以外でも普通に売られているものもあります。

そういったものはまた別途購入するとして、サロン・デュ・ショコラ初/限定出店のショコラティエや、限定商品を狙いましょう。

もし「これがほしい!」と思ったものがあれば、それは今回のサロン・デュ・ショコラで並ばなければ買えないものなのかを確認しておきましょう。

 

3. 人気ショコラティエを事前に知っておく

ただ目当てのものを決めておいても、人気順を知らずに並ぶと時間のロスが完売リスクに見舞われます。毎年目玉商品や人気店が異なるので、きちんと調べておきましょう。今年は公式Twitterでも完売速報が流れています。

ちなみに既にすべて完売してしまい土日の販売がないものもあります。

たとえば「トーマス・ミュラー」「クリスティーヌ・フェルベール」「ニコラ・ベルナルデ」「ベロ&アンジェリ」「フランソワ・ジメネーズ」「フィリップ・ベル」あたりは既にほとんど完売しており、ほとんど残っていません。

初日に眺めたところ結構な列ができていたのは他にも「オリヴィエ・ヴィダル」「クリスチャン・カンプリニ」「パティシエ エス コヤマ」「ジャン=ポール・エヴァン」あたりでしょうか。

例年に比べて身動きの取りづらい会場です。このマップの中で説明すると、B-1・B-2・C-1・C-2エリアが死ぬほど混みます。紙のマップは会場で配布されています(入場前に確認できます)。

 

4. とにかく早く並ぶ

今年から会場は、有楽町にある東京国際フォーラム ホールE。朝7時前はビックカメラ側から入った右手に列を作ります(外なのでしっかり防寒してください)。早い人だと5時台から並び始めます。

初日の朝6時に着いた私でも30番目でした……。

土日はおそらく5〜6時台で70番以内には入れます。この時点で並んでおけば、確実に目当てのものはいくつか買えるでしょう。ただ、昼間に数時間並ぶよりも体力的にしんどいかもしれません……。

 

5. 複数人で行く

イベント自体の入場だけでなく、各ショコラティエでの購入にも、人気の場合1〜2時間待ちます。そんな店舗を1人で回っていたら、並んでいる間に別の人気店で目当てのものが完売……なんてことも珍しくありません。

買い逃しを一番防げるのは、複数人で手分けして購入する方法。目当てのショコラティエが被っている知人同士で手分けして買いましょう。この方法を使うとかなり楽になります。

 

以上のことを覚えて実践すれば、サロン・デュ・ショコラで買いたいチョコレートは確実に買えます。

でも「とにかく行ってみよう」で夕方ごろから数十分〜1時間並んで会場入りしてみても、きっと楽しめると思います(すべて売り切れというわけではないので)。

ぜひ皆さん一度はサロン・デュ・ショコラを楽しんでくださいね〜!

LINEで送る
Pocket